男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

知らなかったではすまない!冤罪事件から情報弱者の危険性を垣間見る

午後3時48分釈放です!再審前の釈放です!!」

「菅家さーん、おめでとうございますーっ!」

 

50センチほど開かれたワゴン車の窓から、報道陣の絶叫や連写するカメラのシャッター音、激しく明滅するフラッシュが、怒涛のごとく雪崩れ込んできた。2009年6月4日、千葉刑務所から滑り出した車の窓から菅家利和さん(62)は身を乗り出し、車の周囲で揉み合う取材陣に手を振っていた。前代未聞のDNA型再鑑定により、冤罪が確定的となった菅家さんは、17年半に及ぶ刑務所生活から釈放された。検察が自ら白旗を上げたのだ。

 (本書より抜粋)

 

当時大ニュースとなった「足利事件冤罪事件」。この釈放の瞬間を、私は会社の休憩所のテレビで何気なく観ていた。

 

続きを読む

過去を振り返る時の注意点

f:id:man-labo:20170524143549j:plain

質問

最近生活がうまくいきません。仕事も対して成果も出ず、給料は据え置き。プライベートでも彼女もおらず、休日は寝てオナニーして終了。。。これでも学生時代はソコソコモテて、クラスでも人気者でした。最近は、「あの時はよかったなぁ」と思う回数が増えてきました。過去に浸るのもやはり非モテですか?(26歳・非モテ男性・SE)

 

 

今回は、過去を振り返る時の注意点についての見解を述べていこう。

 

続きを読む

非モテがもたらす弊害ー小説「悪人」から学ぶ事

今回は、一つの作品を通じて、非モテのもらたす弊害についての見解を述べたいと思う。

 

小説「悪人」をご存知だろうか。妻夫木聡深津絵里主演で映画化もされた作品だ。

f:id:man-labo:20170523111713j:plain

 

f:id:man-labo:20170523111619p:plain

親に捨てられ、祖父母と暮らしながら出会い系サイトで日々の寂しさを埋める清水祐一(妻夫木聡)。

何の変哲もない日常から抜け出したいと悶々とする、紳士服店勤務の馬込光代(深津絵里)。

二人はふとしたことから出会い系サイトで出会い、急接近する。二人を近づけた共通項は、「非モテ」だった。

祐一は光代に心を許し、ある重大な告白する。

そこから二人の運命が目まぐるしく変わっていく。二人の運命は。二人は幸せになれるのだろうか。

続きを読む

センスの磨き方

質問

よく昔から「センスが無い」と言われてきました。当然モテません。好きな子に告白しようにも、着ていく服がありません。センスを磨くにはどうしたらいいですか?

(28歳、非モテ男性、営業

f:id:man-labo:20170522234236j:plain



今回は、「センスの磨き方」についての考察を述べていこう。

続きを読む

【非モテ】は不幸なのか?

質問

とにかく非モテです。モテません。人生ってこんなにつまらないのか、と最近思えてきました。絶望すら感じます。スマホSNSを見ると、リア充投稿にばかり目が行ってしまい、さらに自己嫌悪に陥ります。非モテは不幸だと思います。違いますか?(27歳・非モテ男性・派遣社員

 

f:id:man-labo:20170330122042j:plain

今回は、当研究所における「【非モテ】不幸論」に対する見解を述べたいと思う。

 

1、非モテは不幸か?

 

結論から言おう。

続きを読む