男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

※新成人・新社会人必見!【飲み会で絶対にやってはいけない三大法則】

f:id:man-labo:20170307162017j:plain

ー質問ー

やっと20歳になりお酒を飲めるようになりました。これから大学でのコンパや合コンなど、飲み会には積極的に参加していきたいです。そして、可愛い彼女をゲットしたいです!こんな僕ですが、飲み会に参加する上で気をつけるポイントがあれば教えて下さい。(20歳、男性、非モテ

 

社会人3年目になります。そろそろ彼女が欲しいと思い、友人に頼んでコンパに積極的に参加しているのですが、いつもLINE交換だけでその後に繋がりません。飲み会で女の子に好印象を与える立ち振る舞いがあればアドバイスしてもらえますか?

(26歳、男性、非モテ

 

※新成人・新社会人必見!【飲み会で絶対にやってはいけない三大法則】

 

これから新社会人、新成人として新たな生活をスタートさせる人も多いであろう。当然花見や新人歓迎会、同期の親睦会、そしてまだ見ぬ異性を探す合コンなど様々な酒席が設けられるのもこの時期だ。

 

だが、環境の変化とともに異性と出会う回数が多くなってくると、どうしても【非モテ】男性諸君は浮足立ってしまう。

 

 

【男を上げる】には、飲み会の席でもしっかりとした「飲み会における原理原則」を理解し、それを自然と体現できるようにしておかねばならない。

 

今回は、新成人・新社会人を対象にした、「飲み会における絶対やってはいけない三大法則」について記述していこう。

 

飲み会で絶対にやってはいけない三大法則とは?

 

結論から先に言おう。「飲み会で絶対にやってはいけない三大法則」とは、

 

・飲み過ぎ

・食べ過ぎ

・喋り過ぎ

 

である。あまりにもシンプルすぎて拍子抜けしている【非モテ】男性諸君もいるであろう。だが、この三大法則をしっかりと頭に叩き込んでおけば、どんな飲み会においてもスマートに振る舞い、男を上げる事が出来ること間違いない。

 

では、順を追って見ていこう。

 

1、飲み過ぎ

 

 お酒は美味しい。そして酔ってくると、楽しくなる。これは紛れもない真実だ。当研究所所員たちもお酒を飲む人間が多く、結構な頻度で酒席を設けているようだ。だが、これだけは覚えておいて欲しいのだが、

 

「お酒はその人間の本性(=悪い部分)をあぶり出す薬」

 

という事である。

 

そもそも、【非モテ】男性諸君は、何のために飲み会、合コン、サークル飲みに参加しているのか?そう、「女の子をゲットするため」である。決して自分の「酒を飲みたい欲求」を満たすために飲み会に参加しているわけではなかろう。ただ単に酒が飲みたければ、自分の部屋でしこたま飲めば良いのだ。

 

再度確認して欲しいのだが、

 

飲み会、特に女性がいる合コンは「出会いの場」なのだ。

 

よく若い男性や、昔体育会クラブで鍛えた経験のある【非モテ】男性諸君がしがちな勘違いが、

 

「よく飲む男はモテる」

 

だ。アホである。それが真実なら、路上生活者で昼間っから泥酔しているオヤジたちは、実は女の子とヤリまくっていて然るべきである。アルコール依存症になるまで酒を飲んでいるダメ男はモテモテになっていないとおかしいであろう。

 

飲み会が開始し、小一時間ほど経過して、いまいち女性を盛り上げる事が出来ない【非モテ】男性諸君が真っ先にやってしまうのが、「イッキ」だ。

 

「よっしゃー、ここらで男らしくイッキしまーす!!」

 

と豪快に生ビールを瞬時に飲み干す。すると女子は社交辞令で、

 

f:id:man-labo:20170307164804j:plain

「〇〇くん、すごーい^^」

 

となるわけだが、実際女性たちの心の中の本音はこうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:man-labo:20170307164827j:plain

(・・・別に誰もイッキしろなんて頼んでねーよ。てか、うるせーし。コイツラ、飲み過ぎて吐くんじゃねーぞ。一応女として介抱しなきゃなんねーだろうが。あと、酒こぼすなよ?ウチらの洋服が汚れたらどーすんだ?怒)

 

真実はいつだって残酷だ。私自身、この残酷な真実に気がつくまでは、合コンでひたすらイッキしていた時期があったが、そうして得たものと言えば、高くなった尿酸値と痛風発症だ。大きな代償を払ったものである。もちろん、酔い潰れて女の子の連絡先なぞ一つもゲットできなかった。ましてや彼女を作ったり、セックスしたりなんてものは夢物語であった。

 

さらに、飲み過ぎのデメリットとしては、

 

・ろれつが回らなくなる

・性欲が増す(スマートに振る舞えなくなる)

・顔が赤くなりダサくなる

・酒臭くなる

・言葉遣いが悪くなる

・(まれに)攻撃的になる

・所作が雑になる

・冷静な判断ができなくなる

 

といった点が挙げられる。ここで冒頭の言葉をもう一度思い出して欲しい。

 

「お酒はその人間の本性(=悪い部分)をあぶり出す薬」

 

なのである。酒を飲み過ぎて良い事など何もない。飲めば飲むほど自分の悪い本性がムクムクと顔を出し、周囲に迷惑をかけて、最終的に金では買えない信頼というものを全て失う事になる。女の子をゲットするどころではない。ましてや酔いの勢いに身をまかせて、暴行・傷害・器物破損などで警察のお世話になってしまったら、下手すれば全てを失う事だって充分あり得るのだ。

 

飲み会の最大の目的である、「女の子をゲットする」ためには、

 

・女の子たちの言動や表情(楽しんでいるか、退屈しているか)

・下ネタへの反応

・お酒の進み具合

・終電までの時間

・2次会に行くかどうか

 

等々いわゆる「女の脈ありサイン」が発せられているかどうかを、様々な状況から瞬時に判断し、その都度適切な対処をしていかなければならない。そんな戦争の最前線にいるような状況で、一人意味のないイッキなぞでベロンベロンに酔っ払っていたら、速攻で敵にやられてしまうだろう。女の子から、

 

(こいつ、なにベロンベロンに酔ってんだよ?!バカじゃねーの?ろれつも回ってねーし。めんどくせーな!怒)

 

と最悪の印象と言う名の銃弾で、その真っ赤になった締りのない顔を撃ち抜かれることであろう。ゲームオーバーだ。

 

酒は絶対に飲まれてはいけない。

 

「もうちょっと早いペースで飲みたいなー」

「もう少し度数の高い酒飲もうかなー」

 

と冷静に自分を俯瞰で観察できている状態を維持できるのがベストである。

 

アドバイスとしては、

 

途中途中で水を飲み、トイレに行く事である。

 

無理は禁物だ。困った時は基本に忠実になる事が、問題解決の糸口となる。

 

2、食べ過ぎ

 

飲み会や合コンに行くと、お酒と共に食事も一緒にする事になる。女の子を飲み会に誘い出す口実としても、

 

「美味しいパスタの店があるんだけど、どう?」

「最近寒くなってきたけど、鍋の美味しい店行かない?」

「デザートに美味しいスイーツを出してくれるフレンチを見つけたよ」

 

といった感じであれば女の子もOKし易いであろう。

 

はるか昔から、人間は男が女を養う(男が狩りで獲物を仕留め、女子供に分け与える)事で生存してきた。女からすれば、

 

食べ物を与えてくれる男性

=狩りで獲物を仕留めるのが上手

=強靭な肉体と賢い頭脳を持っている

=非常に優秀な遺伝子を持った男性

=子孫を残したい

=セックスしたい

 

となる。その本能は西暦2000年になっても変わらない。人間の脳や本能は石器時代からなんら変わっていないのだ。男が女の子を食事に誘うことは昔からの自然現象なのである。

 

ここで、また【非モテ】男性諸君が非常にバカな行動に出てしまいがちなのが、食べ過ぎである。

 

恐らく、

 

「よっしゃー!合コンだー!楽しみー!ウヒョー!」

 

とはしゃぐ一方で、あまり女慣れしていない【非モテ】達は、緊張のあまり食事も喉を通らないような精神状態で当日を迎える事だろう。

 

飲み会が始まり、はじめのカンパイで炭酸系(ビールやサワーなど)を飲むと、一気に胃腸を刺激し、今まで緊張のため忘れていた空腹が急に襲ってくる。しかも、目の前には男性が好きそうな唐揚げ、お刺身、ポテトフライ、鍋料理等が所狭しと並んでいる。気がつけば、男性に料理を取り分けてくれる女の子の優しさなど目もくれず、一心不乱に料理を両頬に頬張る自分がいる。もちろん女の子は、

 

f:id:man-labo:20170307165857j:plain

「よく食べるんですね。すごーい^^」

 

と口では言うだろう。だが、心の中の本音はこうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:man-labo:20170307165918j:plain

(おいおい、何日振りのメシだよ?!がっついてんじゃねーよ。ウチら女子はあんまり食わねーんだぞ?そもそも飲み会でがっつり食べるトコを初対面の男に見せられるわけねーだろ?腹減ってても我慢してんだよコッチは!まさか飲み代割り勘じゃねーだろうな?怒)

 

真実はいつだって残酷だ。よく女性が

 

「いっぱい食べている姿って男らしくて好き♡」

 

などと意見を述べているのをよく聞くが、重要な部分が省略されている。それは、

 

 

 

 

 

 

(ふたりっきりで食事に行けるくらい仲良くなって、自分もお腹いっぱい食べる姿を見せても良いとこちらが判断した状況で、さらに女子に気遣いしてくれるスマートな男性が)いっぱい食べている姿って男らしくて好き♡」

 

だ。初対面からがっつり食べて良いのは相撲取りくらいなものだ。

 

自身の職業が相撲取りかフードファイターでない限り、「料理をいっぱい食べるキャラ」で女性にアピールできる事はないと覚えておいて欲しい。

 

また、男性は満腹中枢が満たされると、性欲が一気に鎮静化してしまう現象があるというのも食べすぎてはいけない理由のひとつだ。

女性は、既述したようにお腹を満たしてくれる男性は魅力的だと判断するし、また栄養を十分に体内へ蓄えたと言うことは、セックスをして妊娠する準備が整ったと本能的に判断する。つまり、性欲が増す。女性の内なる淫靡なろうそくへ、男が快楽という炎でいかにスマートに着火させてやるか、だ。

 

男性は酒もほどほどに飲み、腹も満たさぬように食べる量を少量に抑えられるかどうかが勝負の行方を左右するであろう。

 

アドバイスとしては、

 

飲み会に参加する2時間ほど前に、コンビニでおにぎりを1、2個買って事前に食べておく事をおすすめする。

 

そうすることで適度に小腹が満たされ、空腹によって急激に酔いが回ったり、飲み会最中にドカ食いする事態を避ける事ができるであろう。

 

3、喋り過ぎ

 

最後の項目となった。ここまでで、はじめは【非モテ】だった男性諸君も、酒量もセーブし、料理をがっつく姿も見せず、合コンにおいてスマートに振る舞っているであろう。だが、ここで安心してはいけない。隣に座る女性から「脈ありサイン」が出始めていたとしても、最後の最後で大きな間違いを起こすことでいままでの努力が全て水の泡と化す。そんな事態を絶対に避けるためにも、最後の法則である「喋り過ぎ」に細心の注意を払ってほしい。

 

人間は本来、喋りたい動物だ。自分の話を話したい、そして聞いて欲しい、できれば褒めて欲しいという欲求がある。【非モテ】男性諸君も心当たりがあるのではないだろうか。自分の好きな趣味やアイドル、AVや風俗店の話をしていると、非常に心が満たされるあの感じを。声色もだんだんと高くなり、話すスピードもどんどん上がってくる。いかにお気に入りの風俗嬢のテクニックが素晴らしいか、いかに好きなAV女優の裸体が魅力的か、を話し始めると、気がつけば平気で2~3時間経過しているだろう。

 

だが、今一度冷静になって欲しい。今は飲み会だ。複数の男女が意中の相手がいるかどうかを一生懸命探している。皆一様に自分の良さをアピールしたくてウズウズしている。ましてや【非モテ】男性諸君は、セックスしたくてウズウズしている。そんな興奮している状態で、冷静な判断とスマートは立ち振舞いが果たしてできるであろうか。

 

どうしても場が楽しかったり、自分の好みの女性がその場にいたり、もしかしたら彼女ができるかもしれない、セックスできるかもしれないと考えたりすると、気分が高揚してしまう。多少なりともお酒も飲んでいる状況だ。いつの間にか饒舌になっている自分がいる。隣の女性も笑顔で聞いてくれる。

 

「もっと自分を知ってほしい」

「もっとアピールしたい」

「自分は面白いやつなんだと思わせたい」

 

と意気込み、どんどん言葉が溢れてくる。隣の女性はウンウンと笑顔で聞いてくれている。

f:id:man-labo:20170307170922j:plain

「〇〇クン、おもしろーい^^」

 

(あー楽しい!ちきちょー、サイコーだぜっ!)

 

と思うであろう。天下を獲った気分だ。

 

「・・・俺がキングだ!

 

 

 

・・・だが、残念ながらそれは三日天下だ。

 

隣の女性の心の中の本音を聞いてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:man-labo:20170307170959j:plain

(コイツ、よくしゃべんなー笑。大して面白くねー話をまあよくそこまで楽しそうに話せるよな。酒飲むペースも上がってるし。つーか、声めっちゃ高くなってんじゃん笑。興奮しすぎだって。こっちの話なんて聞いてねーんだろうな。あー、トイレ行きたい。ウチのグラス空いてんの気づかねーのかよ。建前として女が初対面で酒をガンガン注文できねーんだから、オメーが気付いて注文してくれよ。はやく終わんねーかなー・・・)

 

真実はいつだって残酷だ。非モテ】男性が一生懸命喋れば喋るほど、その熱意とは反比例して、女性の気持ちは冷めていく。

 

男が女の子を口説く時、2つのタイプに分けられる。

 

・アグレッシブ派

・ディフェンシブ派

 

だ。前者は、明石家さんまのようなお笑い芸人を筆頭に、ひたすら喋り倒して口説くタイプ。ある意味喋りのプロだ。自分や相手のどんな話にも笑いを添え、押して押して押しまくる。

 

後者は、いわゆる聞き上手タイプ。おじさまや年上の男性で女の子やセックスに困ってないのはこのタイプだ。人間本来の習性である、「話を聞いて欲しい」欲求を見事に満たし、女の子に安心感を与えてそのまま肉体関係の許可証を発行してもらう。

 

ここで、1番危険なのが

 

「自分は喋りには自信があるのでアグレッシブ派だな。すべらない話もたくさん持ってるし。」

 

と自認しているヤツだ。そういう男に限って、飲み会終わりには大体酒に飲まれて潰れているか、「今日も女の子たちを楽しませたぜー!」と自己満足しているオナニー野郎に成り下がり、連絡先は1つも交換出来ずに帰路につくか、のいずれかとなる。

 

飲み会では99%、ディフェンシブ派に徹するべきだ。イタリアサッカーのように、とにかく失点しない=失態を見せない。酒もほどほど、料理もがっつく事もなく、常に笑顔で女の子の話をフンフンと聞いてあげる。すると、いずれ相手も攻め疲れしてくる。

 

「今度は〇〇クンの話も聞きたいな^^」

 

攻守交代。相手の隙が見えたところですかさずカウンターアタックだ。ロングボールを前線に蹴り込むように自分の話をサラッとスマート&クールにアピール。

 

相手は攻め疲れている。

自分の話を黙って聞いてくれた目の前の男に心を許し始めている。

お酒も入って守備意識が低下している。

f:id:man-labo:20170307172640j:plain

 

(女の子の耳元で)

「このあと二人で抜け出さない?オシャレなバーを紹介するよ」

「うん!いいよ♡」

 

あとは無人のゴールへとボールを流し込むだけだ。勝利の美酒を堪能あれ。

 

アドバイスとしては、「飲み会トークのさしすせそ」で女の子との信頼関係を築き、仲良くなるまでの牙城を切り崩して欲しい。

 

「飲み会トークのさしすせそ」

 

さ→さすがだね

し→知らなかったよ

す→すごいね

せ→センスいいね

そ→そうなんだね

 

これらを、相手の話に相槌を打ちながら笑顔で言っていれば万事OKだ。

 

【飲み過ぎ・食べ過ぎ・喋り過ぎ】体感レベル

 

おおよそのバロメーターを把握しておこう。

 

【飲み過ぎ・食べ過ぎ・喋り過ぎ 体感レベル】において、0〜10段階でレベル分けするのであれば、全て6〜7くらいが体感的にはちょうどいい。

 

f:id:man-labo:20170307181909j:plain

そのレベルが5を下回ると、顔や態度に「ブレーキをかけている感」が出てしまったり、「作戦にとらわれすぎて、楽しむことを忘れてしまう」と言ったオーラが出てしまう。少しエンジンの回転数を上げていこう。

女性は第6感が非常に敏感だ。本音は

「男に楽しませて欲しい。どんどんリードして欲しい」

と思っている。少しエンジンの回転数を上げるべく、多少酒を飲んで女の子への質問する頻度を上げていこう。

逆にレベルが9以上になると、それはセルフコントロールが出来ていない事を表す。

「もっと飲みたい」

「もっと食べたい」

「もっと喋りたい」

と強烈に感じた時は要注意だ。

もし10以上にメーターが振り切れた時、それはもう試合終了のホイッスルを意味する。女の子たちにとってあなたは

ただの面倒くさい酔っぱらい

と成り下がる。そのカッコ悪い姿はきっちり女性の脳裏に焼き付き、二度と素敵な笑顔をあなたに見せてくれる事はなくなるであろう。

 

肝心なのは、

 

自分自身が適度に楽しむ事だ。

 

自己統制しつつ、その場を楽しみ、目の前の女性を楽しませようとする気持ちがあれば、それは自ずと態度やオーラに出る。その姿を見て、女性たちはその男にもっと興味を持つのだ。慌てず冷静に行動して欲しい。

 

まとめ

 

新成人・新社会人の男性諸君の中には、これから新しい環境での生活が始まる人も多いだろう。楽しい気分になるのは十分理解できる。が、それで終わってしまってはただの凡人だ。非モテ】男性諸君には、最短最速で男を上げ、【非モテ】から脱却する使命がある。ぜひとも【飲み過ぎ・食べ過ぎ・喋り過ぎ】にならぬようにしつつ、素敵な女性たちとの楽しい飲み会を満喫して欲しい。

 

今後も我が研究所は、最短最速で男を上げる情報を随時発信していく所存である。


Make it smart !!