男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

なぜモテる男は賢いのか?を分析した結果、【女性=〇〇】だと分かった

f:id:man-labo:20170614005747j:plain

最近、常にハツラツとしていて、現在進行形でモテている男性と会う機会が何かと多いのだが、彼らと話をしながら頭の中でいつも思うことがある。

 

 

それは、

 

「モテを維持している人には何か共通項があるのではないか」

 

という事だ。

 

顔イケメンや、

雰囲気イケメン

筋肉マン

トーク上手

女性調教師

背が小さくてもヤリチン

結構なおデブでもヤリチン

等など、様々なジャンルのモテ男性が存在している。

 

その彼らは女性に対してどう接しているのか?

 

どういった対象として女性を捉えているのか?

 

と考えを進めていったのだが、どうやらとある等式がモテ男たちの賢さと関連しているのではないかという仮説をたてるに至った。つまり、

 

【女性】=【〇〇】

 

である。

 

この〇〇には一体何が当てはまるのか、モテ男達は自覚しているのか、それとも無意識のうちにこの等式を理解しているのだろうか・・・。

 

今回はその件についての見解を述べていきたいと思う。

 

1,モテる人は賢い

 

まず、大前提として、

 

モテる人は賢い。

 

と定めさせて頂こう。賢いからモテる、のではない。賢くても非モテの男性は星の数ほど存在する。

 

モテる人は賢いのはなぜか?

 

もちろんモテる男性は女性の扱いに長けていて、容姿や所作も洗練されているのだが、その他に特に思考や地頭に関して賢い。

具体的には以下のような共通項がモテる男性には多い。

 

・好奇心旺盛

・行動力がある

・新しいものにはひとまず触れてみる

・情報を拾うアンテナが敏感

・センスがある

・知識の幅が広い

・読書家

 

なぜ彼らモテ男たちには上記のような共通項があるのか。

おそらく本能的に、モテの本質を理解しているからではないかと思う。

偶然なのか、それともモテを追求する過程の中で必然として気がついたのかはさておいて。

 

モテている男性達にヒアリングすると、大多数の人がこのように語る。

 

「昔はモテなかった」

 

f:id:man-labo:20170614101256j:plain

そう、大体の人たちが生まれながらにしてモテまくっていたわけではないのだ。

 

つまり彼らは、非モテからモテへの脱却に成功した人間という事になる。

 

 

2,非モテ→モテにおいて必要なものとは?

 

少し話は反れるが、モテに限らずビジネスや人間関係においても、賢くない人(誤解を恐れず言うと、いわゆるおバカな人たち)はその恩恵を充分に享受していない、というか出来ないのは何となく理解できると思う。

 

ここで一つ、モテと非モテ、利口とおバカ、成功者と落伍者、人気者と嫌われ者、とあったとして、前者と後者を決定付けるものは一体何なのか?

 

それは「情報」だ。

 

f:id:man-labo:20170614105724j:plain

モテ、賢さ、金稼ぎ、人から得られる信用や信頼、の質や量を向上させる場合、圧倒的に必要なのは「情報」である。

 

もちろん、行動力も大事だと思う。思い立ったらすぐ行動。確かに素晴らしい。

だが、この「即行動」も、

 

闇雲に動く

 

のと、

 

正しい情報を収集しながら行動を起こす

 

のとではどうだろう。初動こそ大した差は無いにしろ、ロングスパンで見ると圧倒的に後者の方が良い結果を残す確率が高いのは明らかであろう。

 

例えば女の子と仲良くなりたい、セックスしたいと目標を決めたとする。

 

思い立ったが吉日と、即座に家を出て、街行く女性に手当たり次第「仲良くなって下さい」とか「セックスしましょう」と声を掛けても、今の時代なら不審者扱いされ、警察のお世話になるのが関の山だ。いわゆるおバカな人。

 

かたや、まずは戦略を練り、短期・中期・長期の計画を立ててから実際に行動を移すとしよう。

 

・女性に受ける外見、服装は? 

1ヶ月かけて髪型、服装、筋トレを行う

 

・どこに行けば効率よく女性と出会える?

ナンパスポット、出会いが盛んな街、街コンやオクフェスなどのイベント等をチェック

 

・女性はどのような男性に惹かれる?

恋愛工学、モテバイブルなどで学習

 

・予算は?時間帯は?

投下する金額が風俗を上回っていないか、平日か週末か、昼か夜かの決定

 

・セックスする場所は?

自宅かラブホテルかによって行動する地域や範囲が決定する(最寄り駅か繁華街か)

 

こうした情報を収集した上で、目的(女性と仲良くなり、セックスをする)に近づけるためにPDCAサイクルを回すことで、毎回行動し得た結果に対してフィードバックと次回の行動への対策を練る。これが賢い人。

 

だからモテる人は賢いのだ。

 

たった1つ、「情報を集めよう」と心掛けただけで大きな差が出るのは理解してもらえただろう。

 

女性にモテる人=賢い人は、こうして自分自身のお金と時間を投下した行動から、求める結果をコンスタントに残せるように効率よく情報収集し活用している。つまり、賢く行動するからモテるのだ。

 

3,7つの情報の性質

 

人生において、獲得したい結果(非モテを克服する、ビジネスで成功する、周囲の信用を得るなど)を得るために効率的に情報を活用することが重要なのだが、情報の性質を考えた時、次のような7つの点が挙げられる。

 

1、良い情報も悪い情報も無数に存在している

2、情報には自分の意思でいつでも接触できる

3、情報は待っていても向こうからはやってこない

4,良質な情報に出会うと、さらに良質な情報が自然と集まってくる

5,情報に接する機会が多いと、情報の良し悪しが分かってくる

6、情報の取捨選択ができるようになると、より効率よく良い情報を収集できるようになる

7、情報を味方にすると、人生が豊かになる

 

 情報には上記のような性質がある。

 

さて、ここで鋭い人は既にお気づきかと思う。

 

そう、さきほどの等式である。

 

【女性】=【〇〇】

 

f:id:man-labo:20170614105852j:plain

と述べた。

 

では、7つの情報の性質の「情報」という部分を、「女性」に置き換えて見よう。

 

1、良い女性も悪い女性も無数に存在している

2、女性には自分の意思でいつでも接触できる

3、女性は待っていても向こうからはやってこない

4,良質な女性に出会うと、さらに良質な女性が自然と集まってくる

5,女性に接する機会が多いと、女性の良し悪しが分かってくる

6、女性の取捨選択ができるようになると、より効率よく良い女性を収集できるようになる

7、女性を味方にすると、人生が豊かになる

 

なんと、見事に女性の捉え方とマッチしてしまったのだ。

 

【女性】【情報】

 

大同小異。一見違ったように見えて、実は中身は変わらない。

 

なぜモテる男は賢いのかを分析した結果、

 

女性情報は同じ性質だと理解して行動してるから

 

という事に気がついたのである。

 

自ら主体的に情報を収集し、効率よく多くの女性を幸せにする術を知っている。これすなわち、賢さである。

 

賢いから、モテるようになる

モテるから、さらに賢くなる

 

この両者を並行して実践している男がモテるのだ。

 

4、まとめ

 

女の子にモテるにはどうしたらいいのか?

賢くなるにはどうしたらいいのか?

 

その答えは1つ。「良い情報に触れる」ことだ。

 

良い情報を追い続ける事で、自分の能力や価値、稼ぎ等が向上する。そういった行動が最終的にモテへと繋がり、またモテる事でさらに良い情報に巡り会える機会が増えるのだ。

 

モテたければ情報に触れよう。

 

賢くなるためにはまずモテよう

 

当研究所では今後も最短最速で男を上げる情報を随時発信していく所存である。

 

Make it smart !!

 

非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。