男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

語学学習と女性の接し方との類似点について

最近英語をシコシコ勉強していて思ったのが、題名の通り。

 

元々語学というか英語は好きで、ネイティブスピーカーのように英語が出来たらクールだなぁと漠然と思っていた矢先、最近の英語ブームがスッと自分の背中を押したような気がして一念発起して始めてみた。

 

目標はひとまずはTOEIC900点以上獲得。それが達成できたらそこからまた新たなる目標を探してみようかと思っている。

 

で、単語を覚えたり参考書を読んでみたり映画を観たり英字新聞を読んだりと、シコシコ英語を勉強しているとふと気がついた事があった。

 

 

「英語に限らず語学学習って、女性への接し方と似ている・・・」

f:id:man-labo:20180208234925j:plain

 

 

今日はこのテーマについて書いてみよう。

 

英語をはじめとして、世界には様々な言語が存在する。日本語もそのうちの1つだ。

母国語(生まれ育った国が使用している言語)以外に言語を習得するには、一番最初にしなければならない事があると考えている。それは、

 

その言語のルールを知ること

 

である。

 

例えば「私はあなたが好きです」という一文。

ざっくり分けてみるとこんな風に分解できるだろう。

 

日本語は

私は(主語) + あなたが(目的語) + 好きです (動詞)

 

英語の場合は、

I (主語) + like (動詞) + you (目的語)

 

となる。つまり、言葉を並べる順番が違うのだ。

 

各言語のおおまかなルールを把握して、はじめてそこから語彙力や発音、ワードセンス、熟語やスラングの知識量が関係してその言語を話せたり深く理解できたりするのだ。

 

語学学習は、まずはその言語のルール(文法)を理解していないと始まらない。

 

さて、その言語ルールをある程度把握すると、続いては語彙力だ。これはもう記憶力というか、頭の中のストレージいっぱいにどれだけ単語を詰め込めるかによる。一度見た単語をすぐに記憶できれば苦労はないけど、人間は忘れる生き物。さっき記憶のメモリーに刷り込んだ単語がもう出てこない。だからこそ覚えるまで繰り返し反復するしか無い。単語単体で覚えるよりも、例文や新聞の記事を通じてニュアンス含めて覚えようとすると記憶が幾分容易になる。僕はこの流派だ。

 

つまり、

 

言語ルールを大体把握したという前提で、語学学習は

 

文章を読む または 対話をする ⇄ 単語を覚える

 

の繰り返しなのである。地味だけど愚直に繰り返す事が大事。

 

とまあ、ここまではよくある語学学習の1つのやり方なんだけど、ふと思ったのだ。「あ、これって女性に対するアプローチの仕方と一緒だな」と。

 

語学学習は以下のように学習する。

f:id:man-labo:20180208235142j:plain

① 習得しようとする言語のルール(文法)を把握する

② 単語を覚える

③ 語彙力がついてきたら文章を読んだり、その言語を話せる人と会話をする

④ ③を通じて知らない単語、使ってみたい単語が出て来るのでそれを覚える

⑤ ②→③→④を繰り返す事で読解力、対話力、語彙力が向上する

 

さて、これを女性に対する接し方に置き換えてみよう。

 

① そもそも論で【女性】という生き物の生態、ルールを知る

② 自分磨きをする(語彙力=女性からモテる要素、とする)

③ 外見的にも内面的にも自信が持てたら、実際に女性と接してみる

④ ③を通じて自分に足りないもの、自分が気が付かなかった女性が男性に欲している要素を知り、それを学習する

⑤ ②→③→④を繰り返す事で女性を魅了する事が出来て、モテるようになる

 

f:id:man-labo:20180208235430j:plain

どういうことか、詳しく順番に見ていこう。

 

①について

まず最初にここで声を大にして言いたいのは、世の中の男性は①をすっ飛ばして②以降に力を注ごうとする人があまりにも多いということだ。

 

女性は可愛くて、弱くて、男が一途に想っていればその意図を汲んでくれる、優しい、損得で物事を考えない、SEXに対して恥じらいつつも大胆な面も持ち合わせた、菩薩のような人たち

 

ではないぞ。もちろんこの項目が全て当てはまる稀有な女性も中には存在するかもしれないが、本質は大体真逆だと思っていて欲しい。そして、それを把握している事こそが語学でいうところの「言語ルールを知っている」という事なんだ。

 

サウザー氏のブログの中で、女性が非モテに対して一貫して冷徹である理由は、【女の生殖行動原理】によるものだとの記述がある。

 

【女の生殖行動原理】

第一法則:ヤリ逃げられて飢え死にするのを避けたい

第二法則:ヤリチンの遺伝子で子を産みバラ撒きたい

第三法則:非モテ男の遺伝子は絶対に受け入れたくない

ameblo.jp

この行動原理を知らずに女性にアプローチすると、非モテ男性諸君は散々搾取されたり、影で女子会のネタにされたり、男が優しくされてつけあがった挙句にストーカー化したりしてしまうのである。嗚呼、恐ろしや。

 

まずはこの女性というものの行動原理(ルール)を理解しよう。

 

②について

女性の生殖行動原理(ルール)が理解できたら、第二法則にもあるように、ヤリチン(のよう)になるべく自己研鑽をしよう。

・筋トレする

・美容院でヘアーカットする

・オシャレなファッションを纏う

・声を低くして話す

・清潔感を出す事を心掛ける(眉、髭、鼻毛、スキンケア、匂い)

・仕事を頑張る

・趣味を充実させる

その他いろいろな項目が有ると思うが、この自分向上が上手くいけばいくほど女性からの評価は上がり、いきなり非モテ認定され足切りされる確率は大幅に減少するだろう。

語彙力がたくさんあれば有るほど、相手の言いたいことや意思、欲求が理解しやすくなるのと同じである。

 

 

③について

とにかく女性と接する機会をなんとかして増やす。てっとり早いのがナンパなんだけど、これはなかなかハードルが高い。いきなり街に出てナンパしようとしてビビってしまうと一気に自信喪失してしまう恐れがある。まずは友人知人に頼って女性を紹介してもらおう。それかマッチングアプリを利用してもいい。街コンに参加するのも1つの方法だ。とにかく②で培った語彙力=自己研鑽した自分を一人でも多くの女性に見てもらい、評価してもらうことが先決だ。

 

 

④について

女性と出会う機会を増やし、実際に女性と接してみると、相手から好印象を持ってもらうこともあれば、全く相手にされない時もあるだろう。そこまで可愛いと思わない女性からアプローチを受けたりもすれば、やはり自分の好みだと思う女性とはなかなか仲が進展しない時もあるはずだ。

そうやって女性と知り合う機会を増やし、出会う人数を増やしていくと、女性が何を欲していて、自分の長所短所がどのような要素なのかが分かるようになってくる。そして毎回頭をフル回転させて考えながら女性と接していき、どうすれば女性に好かれるのか、どうすれば反応が悪くなってしまうのかを徹底的に洗い出そう。ただボーっとして思考停止しながらモテるほど女性は甘くない。黙って立っているだけでモテるのは一流芸能人や一流スポーツ選手やジャニーズタレント、ハリウッドスターくらいなものだ。

 実践してフィードバック、実践してフィードバックを繰り返すのだ。英単語をひたすら何度も繰り返し見て覚えるように。

 

 

⑤について

①という前提の元、②→③→④を愚直に星の数ほど、いや宇宙に広がる銀河の数ほど繰り返す事で、非モテを脱却しモテ男へと生まれ変われる事ができる。もう一回言うが、愚直に何度も何度も繰り返そう。一度や二度ではうまくいくはずがない。恥をかいてナンボ。ひどい仕打ちを受けてナンボ。人間は失敗から学ぶ生き物なんだ。とにかく繰り返そう。

 

語学もやっぱりこれと一緒で、頭の中では流暢に相手と話しているイメージなんだけど、実際は言葉が出てこなかったり、相手の話しが聞き取れなかったり、うまくこちらの意思が伝わらなくて恥をかいたりする。その恥ずかしい経験は二度と忘れない経験となり、それを克服すべくまた改めて勉強し直す事によって総合的な語学力が向上していくのだ。こちらも実践してフィードバック、これに尽きるのだ。

 

 

まとめ

語学は出来るけど女性に対してはからっきし、という人もいれば、女性に対しては充分満足しているけど母国語しか分からない、という人もいるだろう。

どんなトピックでも、物事をいかに抽象的に捉えて、というか、物事の本質を捉える事ができれば色んな事象に波及させることができ、一石二鳥にも一石三鳥にもなりうる。論理的思考法を得ることで女性にもモテるだろうし、仕事や人間関係などもどんどんうまくいくだろう。

そのうちの1つの例として、語学学習と女性への接し方をつなげてみた次第である。

 

皆さんの語学学習の参考、はたまたモテ街道を歩く補助標識になれば幸いです。

 

おわり

 

 参考サイト

サウザー@Fist_of_Phoenixのブログ

ameblo.jp

 

非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。