男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

非モテがファッションにおいて心掛けるべきたったひとつのポイント

今日はファッションについて触れたいと思う。

 

人は見た目が9割なんていう本も昔出版されていたけど、裸で外を出歩く事が違法な昨今、人は何かしらの洋服を着ないといけない。

 

f:id:man-labo:20170316215807j:plain

そして、そこにある意味【感覚値】での【オシャレ】と【ダサい】の判別がされてしまう。

 

オシャレなファッションであれは異性を魅了する事が出来るだろうし、翻ってダサいファッションならば相手にもされないだろう。

 

私自身もファッションについては結構疎く、オリジナリティーが強すぎたため間違ってもおしゃれな部類ではなかった。

 

※以前のエントリーでもファッションについて考察してみたのでそちらも是非。

man-labo.hatenadiary.com

 

 

でも今では女性と会う時も露骨にダサイとか、少しオブラートに包んで「個性的だね」とか、「こうしたらもっとよくなるんじゃねー?」とか、ファッションのダメ出しをされない程度にはなんとか辿り着いた。

(それまでに似合わない服に費やした金額で、外国産の新車が買えるレベルw)

 

なぜなら、ファッションを論理的に作り出すことを提唱しているMBさんの著書に出会い、それを実践したから。

 

その書籍はこちら。

f:id:man-labo:20180306225241j:plain

【最速でおしゃれに見せる方法】 MB著

http://amzn.to/2oNBR2Z

 

詳しい事は著書にお任せするが、日本人というかアジアの人たちがおしゃれになるためには1つの法則に従えば良いとのこと。

 

それは

 

ドレスとカジュアルのバランスを7:3にする

 

という理論だ。

 

アジア人と欧米人の違い

 

アジアの人たちは欧米の人と比べて背が低く手足も短いため、全身をカジュアルで包むととても幼く見えてしまう。

 

片や欧米人は顔の彫りが深く手足も長いため、全身カジュアルに身を包んだとしてもそれなりに見える。

 

※アジア人のカジュアルファッション

(うーん、どうしても幼く見えてしまう・・・)

f:id:man-labo:20180306220139j:plain

 

※欧米人のカジュアルファッション

それぞれのアイテムはカジュアルなのにオシャレに見える!

f:id:man-labo:20180306221345j:plain

なので日本人含めアジア人はドレス中心のファッションに身を包んだ方がおしゃれは作れると言うことだ。

 

ドレスとは?

 

女性が

 

「男はやっぱりスーツだよね」

 

と言ってるのを聞いたことがある人も多いのではないか。

 

なぜか。

 

スーツと言うのはジャケット、スラックス、ワイシャツ、ネクタイと、100%ドレスだから。国賓が集う晩餐会は皆さんスーツ。あとはタキシードね。

 

ドレス≒フォーマル

 

つまり、きちっとした服装。

 

手足の長さ関係なくフォーマルというかドレスに身を包めば男は誰だってマシに見えるのだ。

 

なので、合コンや街コンなどに参加する際、何を着ていけばいいか迷ったときはスーツを着ていけば問題ない。

 

とにかくドレスとカジュアルのバランスを7:3にすることを常に意識してみてほしい。

 

(ちなみに筋肉は【ドレス】要素です。これは後日サクッと書きます)

 

詳しくはMBさんの本に書いてあるので興味がある方はそちらを見て欲しい。

 

非モテがファッションにおいて心掛けるたったポイント

 

さて本題。

 

今回はそのMBさんの理論を下にして、ファッションやおしゃれに自信がない非モテ男性のために、心掛けるべきたったひとつのポイントを提案しよう。

 

それは、

 

チェック柄のアイテムを徹底的に避ける

 

ことである。

 

チェックは升目の大きさにかかわらず、非常にカジュアル要素が強い。

 

よく秋葉原にいるオタクたちの服装を模倣したコントとかを見ると、オタクに扮する芸人たちは必ずチェックチェックのシャツを着ている。加えて裾をパンツにインしていればダサさ満点。

 

f:id:man-labo:20180306221825j:plain

このことからわかるように、日本におけるチェック柄と言うのは、幼い、オタク、無難というイメージが既に刷り込まれているのだ。

 

また、街行くサラリーマンの方のネクタイに注目してみよう。よっぽどスタイルがよくイケメンでもない限り、やはりチェック柄のネクタイをしている人はどうしても幼く見えてしまう。幼く見えるのもそうなのだが、どうもポップに見えてしまうんだよね。可愛い感じ。

 

※チェックのネクタイ

f:id:man-labo:20180306222833j:plain

営業やプレゼンの場ではチェック柄のネクタイよりも無地のネクタイの方が仕事ができそうな印象を与えやすくなる。

 

※無地のネクタイ

f:id:man-labo:20180306223026j:plain

ましてや体の大部分を包む上半身や下半身にチェック柄のアイテムを当てると、非常に幼く見える。典型的な例がこちら。

f:id:man-labo:20180306223257j:plain

 

少なくとも大人っぽい印象や、ビシっと決まった印象は持たれないだろう。

 

これは僕の経験則なのだけど、オシャレに見られたくて柄を選ぶ時、この順番にしておけば間違いない。

 

無地 >ストライプ >ボーダー >チェック

 

とにかく無地、一択。ストライプやボーダーも、先ほど書いたようにドレスとカジュアルのバランスを間違えなければより一層おしゃれに見えるアイテムだ。

 

しかし、ファッション初心者にとってはまずは柄のない無地のアイテムで全身を揃えてみるのが1番手っ取り早いと思う。

 

とにかく体のスミからスミに至るまで、チェック柄のアイテムを身に付ける事を徹底的に避けよう。

 

たとえそれが小物であったとしても同じ。

 

スマホケース、財布、筆箱、手帳ケース、ブックカバー、ハンカチ、

 

などにおいても絶対にチェック柄は避けるべきだ。

 

まとめ

 

非モテがファッションにおいて心掛けるべきたったひとつのポイント、それは

 

チェック柄のアイテムを徹底的に避ける事

 

について書いてきた。

 

ファッションは突き詰めていくととても難しいジャンルだ。昨日今日急に服を買い始めた男に理解できるような世界ではない事を理解しよう。

 

ファッションに自信がない非モテ男が手っ取り早くオシャレに見えるファッションに身を包むには、チェック柄のアイテムを一つ残らず排除し、ドレスとカジュアルのバランスを7:3にすればよい。

 

是非ファッション選びの参考にされたし。

 

おわり

 

twitterでRTしてくれると喜びます。

@make_it_smaaart


非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。