男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

【カワイイ】の発言頻度と女性の妊娠確率について

先日、以下のエントリーにて「女性が発する【カワイイ】」についての考えを書いた。

 

女性が発する【カワイイ】の不都合な真実 - 男を上げる研究所

 

今回は、年代別に女性の発する【カワイイ】の頻度と妊娠確率について、なにか関連性があるのかどうかについて書いてみようと思う。

f:id:man-labo:20180310191155j:plain

 

年代別【カワイイ】発言頻度

 

まずは、確かな統計を取ったわけではないが、おそらくほぼすべての男性が同意してくれるであろう「カワイイと発言する頻度の年代順」から。

 

10代 > 20代 > 30代 > 40代 > 50代以降

 

となる。若ければ若いほど、女性はカワイイを空気を吸って吐くかのごとく使う。

まあ、【女の子の間での潤滑油の言葉(アル吉さん)】の言葉にもあるように、あまり意味なく会話の相槌みたいな感じで使っているのだろう。

参考)

可愛い(かわいい)の意味 - goo国語辞書

 

10代や20代のゆるふわキラキラ女子たちは特にこの傾向が強い。特に20代の女性たちは、Twitterや本人のいないところではいけすかない女友達を壮大にディスっているのだが、一緒にいる間はまさに会話の潤滑油として【カワイイ♡】と常に互いに言い合っていて、これはこれで面白い。

 

ところが、30代以降ともなるとだんだんとこの【カワイイ】を聞く頻度が減少してくる。何でもかんでも【カワイイ】とは言わなくなる。例えば子持ちの既婚女性ならば

 

「自分の子供が一番カワイイ」

 

とカワイイ対象が絞られてくる。

 

30代独身女性だと、女社会、会社での人間関係、なかなかいい相手が見つからない恋愛市場や婚活市場で摩耗した精神が癒やされるような、心温まる対象を眼の前にした時に、この【カワイイ】を発する傾向が強い。猫動画やゆるキャラとかね。

 

40代はさらに減り、もうお気に入りのジャニーズJrや、売れない韓流アイドルぐらいにしかこの【カワイイ】を使わなくなる。社会生活を長く送っていると、本当にカワイイものがなんなのか分かってくるためだろう。独身40代にとっては、友人知人の子供なんてうるさい邪魔者としかみなさなくなってくる。

(少なくとも、鏡に映る自分の顔を見て10代のように「「よし、今日もカワイイ!」とは死んでも言わなくなる。)

 

50代以降は、もう孫以外は【カワイイ】なんて言葉を使うのも億劫になる。それよりも老後どうするかとか、いつ旦那と別れるとか、そろそろ不倫したいなとか、全然かわいくないトピックに夢中になるお年頃である。

 

「女性に年令を聞くなんてサイテー」

 

なんて風潮があるけど、もし会話するチャンスがあったならこの【カワイイ】を言う頻度に注目してみよう。多ければ多いほど若いし、カワイイ話を全然しない暗い女性とは早いうちからフェードアウトしていくほうが得策だ。

f:id:man-labo:20180312222108j:plain

女性の妊娠確率

 

では次に、女性の自然妊娠確率をグラフにしたものがあるのでそちらを御覧いただきたい。

f:id:man-labo:20180310183813j:plain

参考

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率を上げる4つの方法 | マイナビウーマン子育て

 

少々見にくくて申し訳ないが、

折れ線グラフ①は妊娠する確率 を表し、

折れ線グラフ②は年齢別の不妊女性の割合 を表している。

 

つまりこういう事。

 

10代 > 20代 > 30代 > 40代 > 50代以降

 

見事に【カワイイ】を言う年代別のものと合致した。なかなか興味深い。若ければ若いほど妊娠する確率は高く、年を取れば取るほど妊娠は困難となってくる。

 

子供を渇望する独身男性は、趣味が合う、あまり美人ではないけどヤラせてくれそう、という基準で女性を選ぶのもいいが、なるべくなら【カワイイ】を連発する女の子を選ぶようにした方がよさそうだ。

 

男に言い寄られる順は?

 

では、男性に言い寄られる順番はどうだろうか。これは、前述した2つの項目と一致するのだろうか。僕の考えはこうだ。

 

20代 > 10代 > 30代 > 40代 > 50代以降

 

これは若い順にはならないのではないかと思う。

10代で成人男性が恋愛対象とするとなると、一般常識、法令や迷惑防止条例の観点から見てもおそらく18歳以降だ。

 

それとは対照的に、やはり20代の女性は圧倒的に男に言い寄られる頻度が高い。

 

女子大生、専門学生、就活生、新社会人、キャリアウーマンもどきなどなど、世の男性たちが欲しくてたまらない肩書のオンパレード。20代は、そのステータスをまるでエスカレーターを登るかのごとく自分が意識せずとも身にまとう。罪なことだ。

 

どちらにしろ、30代以降の順位は変わらない。年を重ねれば重ねるほど、男性から相手にされる頻度は減少する。

 

以上のことから、年代別にこのようになるんじゃないかな。

 

・10代~20代の女性

→【カワイイ】と連発する女子はあまり物事を深く考えてない、いわゆるゆるふわちゃんだが、生物学的には若く妊娠する確率も高く、極めて市場価値の高い存在。

 

男性からの評価

→価値がどんどん上昇する。非モテたちが金を払ってでも接触したい対象。子供を望むならこの年代の女性を全力でゲットする戦略を考えるべき。

 

・30代~40代の女性

→だんだん社会にもまれ、酸いも甘いも噛み分けた恋愛や不倫を通じて人間的にも落ち着いてくるため、【カワイイ】発言がだんだんと減ってくる。

独身を拗らせた女性は、客観的に見ても可愛い対象に対してもひねくれた視点で見てしまう。自分の市場価値が減少してきている事が自覚できてくるため、精神が安定する対象を必要とする(パワースポット、山登り、一人旅、お遍路など)。

 

男性からの評価

→よほどの美人でない限り、安く買い叩かれる。妊娠確率は減少してくる年令なので、子供が欲しい男性は、相手が見つかったら失礼は百も承知で、結婚前に互いに生殖検査をする事をおすすめする。

逆にセックスのハードルは低いので、狙い目?(人妻、キャリアお局等)

 

・50代以降の女性

→そっとしておこう。

 

まとめ

 

男性はいくつになっても子供を仕込むことができるが、女性の卵子は数に限りがある。

 

【カワイイ】を連発している女性をみたら、生物学者になったつもりで「お、この子は妊娠する可能性が高いヒト科のメスじゃな」と独りごちてみてもいいのかもしれない。

 

最後に大事なことをもう一度。

 

50代以降の女性

→そっとしておこう。

 

おわり

 

twitterでRTやフォローしてくれると喜びます。質問や感想もお待ちしてます。

 

https://twitter.com/make_it_smaaart


非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。