男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

何をすればいいか分からないと悩む若者へ送る10のコト

「やることがない」

「情報発信が大事なのはわかっているけど、何を発信すればいいかわからない」

「ヒマだ」

 

f:id:man-labo:20180324010118j:plain

この情報過多の時代、時間を持て余す若者が増えているらしい。

 

僕に言わせれば、「じゃあバイトでも商売でもサークルでも何でもひとまずやればいいのに」と思う。

 

でもその反面、そういう人の気持ちも充分理解できるつもりだ。バイトやサークルなんかじゃこの悩みって解決できないんだよ。だってそこには主体性がないから。バイトして稼いでもどうせ飲み食い、要らない洋服やガジェット、スマホゲームへの課金、風俗やキャバクラ、アイドルグッズ買ったらすぐに無くなってしまう。

 

なぜなら、僕自身も上記のような悩みを抱えた時期があったからだ。

 

今回は、何もすることが無いと悩む人への僕なりのアドバイスを送ろうと思う。

少しでもそういった人の手助けになればいいと思って書いてみた。

長文なのは、僕の情熱だと思ってくれれば嬉しい。

 

 

今回のテーマのきっかけ

 

そもそもなぜ今回のテーマを書こうと思ったのか?それは、

 

僕から見て今の若者(20~30代)がめちゃくちゃ羨ましいから 

 

だ。

 

スマホがある、インターネットがある。結婚してなければ独り身で気楽だし、家のローンがなければ経済的に悩む必要もない。デフレ時代なので物価も安い。女の子は昔と比べてどんどん可愛くなっている。

 

「なんてうらやましいんだ、ちきしょー!!!」

 

って頭の中で100万回叫んでも足りない感じ。

 

とまあ、冗談はこれくらいにして、まず1つだけ言わせて欲しい。

 

時間は有限

 

だという事。あっという間にオッサンになるよ。気力も体力も充実している20~30代の時期を無駄に過ごすと、オッサン(40歳~)になった時に本当に後悔する。

 

なんにもすることがない?じゃあこれらの10のこと、試しに全部やってごらん。

 

1、彼女を作る

2、ナンパが出来るようになる

3、本をたくさん読む

4、ブログを書く

5、SNSでフォロワーを増やす

6、英語、または外国語を勉強する

7、未踏の国内や海外へ遊びに行く

8、映画をたくさん観る

9、格闘技を習う

10、バイト以外でお金を稼ぐ

 

 1、彼女を作る

若いうちは彼女の一人や二人がいて当然だと思うべき。オッサンになると、相当な金持ちや遊び人、独身貴族でないとなかなか特定の彼女なんて出来ない。というか、さっさと童貞を卒業しておくこと。童貞が偉そうに「何もすることないんだよね」って言っても失笑を買うだけだ。まずは女を知っておこう。

 

2、ナンパが出来るようになる

男の悩みは、たいてい金と女なんだよ。これはいくつになってもそうなんだ。1、でひとまず彼女作って童貞を卒業したら、今度は「どんな状況になっても自分で出会いを作る事が出来る」人間になっておく。30代後半、40代突入して出会いを自分で作れないオッサンの末路は、キャバクラで給料を搾取される、風俗で有料で抜く、不倫にハマるのどれかに大体落ち着く。こんなオッサン、嫌でしょ?

時間が有り余っているのなら、女性関連で0→1を作れるようになると、20代後半から30代にかけて女の事で悩まなくて済む。その時期って、結構頑張らないといけない事が出てくるから、そっちの方に時間と体力、精神力を注げる状態を作っておくと、その後がすごい楽になるよ。

 

3、本をたくさん読む

何をしていいかわからない、と悩む男に限って、この選択肢がない。知識と教養は誰にも奪われない財産だから、時間の許す限りガンガン読もう。いまはブックオフのような古本屋がたくさんあるわけだから、自分の興味ある分野は躊躇なく読むべし。

もし何を読んだら良いかわからないのなら、ネットで書評サイトを見て、そこで片っ端からベストセラーや自分の興味ある分野を探して読むだけでもいい。年を重ねて勉強意欲が湧いてきた時に若いうちから活字慣れしておくと、どんどん読書量が増え、それに比例して知識もどんどん増える。そこで得た知識や体験は、その時のキャリアに絶対にプラスになるはずだから。

 

4、ブログを書く

要するに情報のアウトプットする場所をひとつ持っておく、という事。頭では理解してても、実際に文字にしようとするとなかなか難しい。でも、情報のアウトプットしておかないと、せっかく得た知識や体験もいずれ忘れてしまうんだよね。

あと、ブログなんかで情報のアウトプットをしておくと、「君ってどんな人?」と言われた時に、スッと自分のブログを紹介するだけで自分がどういう人間か相手に伝えやすい。名刺みたいなもんかな。結構な記事があるだけでも相手は一目置いてくれるはず。

それと、情報のアウトプットしていると、自分の感性に似た人と繋がりやすくなる。同じ地元、同じ学校、同じバイトなどもいいけど、考えが一緒の仲間と若いうちに出会うと、その人から今まで聞いたことないような経験や考え方、趣味を教えてもらえる。どんどん自分の世界が宇宙のビッグバンみたいに広がっていくんだ。それがきっかけで新たにやりたいことが生まれたらそれは素晴らしいことだし、もともとなんにもすることがない人間だったのだから願ったり叶ったりでしょ。

 

5、SNSでフォロワーを増やす

最近の就職活動では、就職希望者のSNS(インスタ、フェイスブックTwitter)のフォロワーの多い人間は一目置かれる、なんてネットの記事をどっかで見かけたな。

信用≒お金、と定義されつつある今の時代、フォロワーが10,000でもいるアカウントであればそれだけで情報発信力があると見てもらえる。

「うちの商品、つぶやいてくれませんか?」

なんて企業から言われたらそれだけでインフルエンサーの仲間入りだ。

ジャンルはなんでもいい。お笑い、動画、ファッション、グルメ、ナンパ・・・どうせやることないならフォロワーを増やしておいても損はないだろう。

また、フォロワーを増やしておけば、情報の流入も期待できる。多くのフォロワーに自分が困ったことを聞くだけで色んな解決方法を教えてくれたりする。自前のヤフー知恵袋だよね。こんなにありがたいことなんでないでしょ。

 

6、英語、または外国語を勉強する

社会人になると、本当に忙しくなる。特に20代なんてのは会社にとってただの雑用係と思われてる。ひたすらコキ使われるし、自分の時間なんて全然取れないと思う。そんな中で英語や外国語の勉強なんて到底ムリ。やること無くて時間が有り余っているなら、今のうちに勉強しておくのも手だね。オススメはやはり英語かな。超島国の日本において、帰国子女以外で英語できます!って自信満々に言えるだけでも、上司や年上からの評価は高くなるよ。TOEIC800とか900とか取っておければサイコーだね。余裕があれば中国語なんかも勉強しておくと、今の時代いいかもしれない。

 

7、未踏の国内、海外へ遊びに行く

日本狭しといえども、47都道府県全てを制覇してる人ってなかなかいないでしょ。行こう行こうと思っててもなかなか行かない、行けないのが人間。ましてや結婚して子供が出来たりなんかすると、本当になかなか行けなくなるので時間があるうちにどんどん行っておこう。別に金なんかかけなくても、ヒッチハイクでもいいし、友達同士でボロ車で巡っても良いし、気合い入れて自転車で回るのもいいかもしれない。そこで得た経験は一生モノのネタになって、多くの行きたくても行けなくて後悔している人を惹き付ける事ができるよ。

海外行く理由なんて、もう書く必要ないでしょ。若いうちにLCC駆使して色んなとこ巡ればそれだけで貴重な経験が出来る。英語学習と合わせれば、語学も上達しつつ経験値も増える。一石二鳥でしょ。

 

8、映画をたくさん観る

世の中には素晴らしい映画がたくさんある。僕は映画は芸術だと思っていて、たくさん観れば観るほど色んな価値観、文化、美景、音楽、時代背景、人間ドラマを学ぶ事ができる。芸術的感性を20代以降に改めて磨くには映画が一番いいと思う。

音楽って、10代の頃に聞いていたジャンルに後々も結構良くも悪くも支配されちゃうイメージなんだよね。20代以降で音楽を改めて見直そうとしても、先入観みたいなものが入ってきちゃってうまく消化できないんだよね。あと、絵画や彫刻なんかも、価値観が出来上がってくる20代以降に勉強しても理解するのは相当骨が折れると思う。

映画は芸術でもあり、エンターテイメントの側面もあるし、2~3時間で終わるのでサクサク数をこなせるというメリットもあるんだよね。今は家でもネット環境が整備されてればいつでも観られるし、レンタルしても安いしね。

 

9、格闘技を習う

やることないなら、男は身体を鍛えておくべき。僕も習った事あるけど、度胸がつくよ。実際に習った技術をひけらかしたら絶対ダメだけど、少なくともやられっぱなしとか、好きな人も守れないんじゃ男はダメだ。筋トレももちろんいいけど、せっかく時間が有り余っているならボクシングでも、キックでも、総合格闘技でもなんでもいいから対人競技を習っておくのは良いことだと思う。

実際、2000年代に入って格闘技を習う事って本当に敷居が下がった。昔ながらのヤンキーの巣窟みたいなイメージなんかびっくりするほど無い。ジム経営も楽じゃないから、入門生に対してはジム側は本当に懇切丁寧に教えてくれるよ。いまや女性が率先してボディメイクのため、ダイエットのために格闘技を取り入れる時代になった。ジム側も女性客を取り入れるために設備をキレイにしたり、ジム生が楽しめるようなプログラムをどんどん紹介してくれるよ。

社会に出るとムカつくやつにもたくさん出会う。そんな時に心の中で「コイツなんか一発で仕留められるぜ」と思えるだけでも、精神安定剤になるんだ。これは本当にそう。本当にぶっ飛ばしたらダメだよ。あと、世の中には強いやつがいっぱいいると再認識できるので、自分の生意気な性格も治ってくるというメリットもある。

 

10、バイト以外でお金を稼ぐ

バイトは基本的に時給換算だから、自分の時間をバイト先に差し出す対価としてお金をもらうわけだ。これはサラリーマンも一緒で、時間切り売り型の稼ぎ方。そうではなくて、スマホやネットを駆使して、自分のアイデアで数百円でもいいので稼ぐ経験をしておこう。今はアフィリエイト、ネット広告収入、人集め、イベント企画、転売など、本当にいろいろな稼ぎ方がある。自分の書いた文章だって売れる時代なんだ。オッサンになるとなかなか行きづらい場所って結構あるのよ。大学の文化祭とかね。若いうちならそういった若者がガンガン集まる場所へ気兼ねなく出入りできる。よく「人が集まる場所にチャンスはある」って言うでしょ。若さって1つの集客要素だし、相手も同年代なら横のつながりも持ちやすい。女子大生の友達100人いるだけでオッサンが君にこぞってカネ出して紹介してくれとせがむよ。これホント。

働いてお金を稼ぐ経験なんていつだってできる。そうじゃなくて、時間と若さとアイデアで価値有るものをマネタイズできる体験を今のうちからやっておくと、オッサンになった時にその経験が活きてきて、「こうすれば稼げるなぁ」とか「これってお金になるなぁ」という嗅覚が効くようになる。0からお金を生み出す経験やノウハウが有る人間はいつの時代になっても需要があるからね。

 

何もやることがないと嘆くなら、騙されたと思って上記10コのうち1つでも2つでもやってみたらいいよ。きっと何か今までと違った景色が見られるハズだから。信じて欲しい。

 

※  ※  ※

 

気がついた人もいるかもしれないけど、これらは僕がやりたかったことなんだよね。

こんなコト言ってくれる大人なんて親を含めて誰もいなかったし、自分でも時間とお金と若さの使い方が本当に下手だったなぁと後になって後悔することばかり。

ましてや結婚して子供ができると自分の時間なんてどんどん減ってくる。でも時間が流れるスピードって、年を重ねる毎に早くなっていくから、より一層

 

「あの時もっとやっておけばよかった!」

 

と思う度合いが大きくなってくるんだよ。こんな思いは僕だけで充分だ。

 

※  ※  ※

 

最後に、

 

何もすることがない = 何でも始められる

 

と変換してみて欲しい。そこからがスタートになるから。

 

おわり

 

 

※面白い、役に立ったと思ってくれた方はTwitterリツイートやフォローしてくれると嬉しいです。

質問や感想もお待ちしてます。

 

https://twitter.com/make_it_smaaart

 

非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。