男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

MB氏【幸服論】を読んで

今月にリリースされた、僕が尊敬してやまないファッションバイヤー、ブロガー、そして作家でもあるMBさんの新刊がこちら。

 

【幸服論】

 

f:id:man-labo:20180412000505j:plain

https://amzn.to/2GTjReH

 

さきほどすべて読み終わったので、熱が冷めないうちに読後の感想を記事にしてみようと思う。

 

目次

1、外見が変われば人生が変わる

2、ファッションにまつわる自分自身の経験

3、作者の情熱は母親への愛情から来るものだった

4、まとめ

 

1、外見が変われば人生が変わる

 

MBさんは著書やメルマガでも一貫して、

 

「おしゃれをロジックで理解すれば、誰でもおしゃれになる」

 

というメッセージを常に発している人である。

 

この【幸服論】の内容だが、僕が感じた事は以下の通り。

 

「外見が変われば人生が変わる」

 

というメッセージをMBさんから受け取ったと感じた。

 

おしゃれをロジックで理解する

今までセンスのなかった自分でもおしゃれの作り方が分かってくる

実際に試してみる

鏡を見て、結構おしゃれになっている

試行錯誤する

楽しくなってくる

外出したり、人と会うのが楽しくなってくる

「おしゃれだね」と言われる回数が増える

自分に自信がつく

思考が変わる(前向きになる)

行動が変わる

人生が変わる

 

つまり、今までダサかった男性がMBさんの提唱する通りに服装を着てみると、人生が好転していくのである。

 

おしゃれな人は生まれつき

センスの磨き方がわからない

どうせおれなんてダサい

ダサいからモテない

人生がつまらない

 

と、外見に自信が持てない男性は、こうして思考までもがダサい、非モテバリバリの思考になってしまうのだ。これは元非モテ男性の皆さんならば大いに賛同してくれるだろう。

 

こういった男性たちは、是非一度このMBさんの【幸服論】を読むことをおすすめする。

 

たかが服装、されど服装。

 

難しい事なんて何もない。センスもいらない。ユニクロやGUでおしゃれになれる。一万円あれば充分だ。

 

MBさんが提唱する理論に沿って、言われたとおりに服を着るだけ。

 

筋トレも勉強もいらない。ただ服を買って着るだけ。

 

これだけで今までの陰鬱な人生とはオサラバできるんだぜ。それに加えて、もっと自分を高めたい、モテたい、というモチベーションを持って自己研鑽してごらんよ。

 

カワイイ彼女が出来ることだって全然夢じゃなくなってくる。

 

自分自身を変える事が出来るのは、結局自分しかいない。

 

この【幸服論】では、そのきっかけを大いに与えてくれるだろう。

 

2,ファッションにまつわる自分自身の経験

 

確か僕とMBさんの出会い(実際にはまだお会いしたことないけどね)は、確か日刊SPA!の連載コラムだった。

 

当時の僕は、おしゃれに関して言えば、まあ無難というかなんというか、可もなく不可もない、って感じだった。定期的な運動(マラソンやジムワーク)をしていたので、おしゃれに対するスタンスは、太らずに筋肉があればなんとかなるっしょ?みたいな感じの軽いものだった。

 

女の子とのデートはだいたいスーツで行っていた。昔からなぜかスーツが似合うと言われる事が多かったので、女性からの減点を受けないように毎回スーツでデートに望んでいたのだ。

 

※  ※  ※

 

そんなある時、夏場に友人が海辺で50人クラスのBBQをやるので主催者側として手伝って欲しいと言われる機会があった。

 

「新規の女性と知り合えるチャンスだ!」と快諾し、当日。

 

僕は一瞬時が止まった。

 

主催側のみんなは、カッコイイハーフパンツの水着に、ちょっとこなれた感じのサーフブランドのTシャツ。そして適度なサイズのサングラス。足元もこれまたサーフブランドの無骨なビーチサンダル。

 

海辺のBBQのなんて日常茶飯事だぜ、といわんばかりのおしゃれなこなれ感。

 

かたや僕はどうだったか。

 

どうせ海やプールなんて行かないし水着なんてなんでもいいじゃん、と思いながらOLD NAVYで買った黄色のダボダボのハーフパンツ。確か50%OFFだった。

 

Tシャツはまさかの白のVネックTシャツ。街なかで着るやつ。

 

サングラスなんてオシャレなアイテムなんてもちろん用意していない。

 

足元は数年前に沖縄のホテルでただで貰った少し小さめのビーチサンダル。サンダルからかかとが少し出てたっけ。

 

ダメダメファッションだ。もちろん、その日はオシャレな主催者や参加者がカワイイ女の子と楽しそうに話しているのを、ただ指を加えて見てるしかなかった。連絡先のひとつだって交換できなかった。完全に敗北感を味わった夏の日となった。

 

なにがいけなかったのか?後日僕を誘った友人に聞いてみた。

 

「街なら街。デートならデート。海辺のBBQなら海辺のBBQなりの格好をチョイスしなきゃダメだよ。」

 

ガーン。

 

おしゃれ達は、いわゆるTPOに合わせて自分のファッションを変えることができるのだ。すでに30代になっていた僕は、こんな状況判断も準備も出来ていないのか・・・と愕然としたと同時に、服装に関してもセンスが問われるんだと痛感した。

 

センスがない = ダサい

 

ダサいと言われたら、男は終わりだ。ダサさ、そして童貞は心の有り様。いずれ自信がなくなり、卑屈になり、結果が出ない人生を人のせいにするような人間になってしまう
!と思ったんだ。

 

その日から自分のファッションに対する考え、知識、経験を全て一度リセットし、改めて情報をイチから収集してみようと決意した。

 

じゃあどこから始めればいいのか、と考えていた時に、丁度MBさんが週刊SPA!で連載していたのを思い出し、MBさんの著書をアマゾンでその場で購入して読み始めたのがきっかけだ。

 

ユニクロでもGUでも無印良品でも充分おしゃれになれる!

 

みたいな感じの連載だったと思う。

 

そこでMBさんのファッション理論に触れ、なんてわかりやすいんだ!と衝撃を受け、メルマガも登録し、貪るように読み、実践し、現在に至る。

 

MBさんの理論を実践してしばらくして、BBQに僕を誘った友人に会う機会があった。

 

「お、なんか変わったね。いいじゃん」

 

とのお言葉を頂いた。なんで上から目線なんだよ? これであのBBQのトラウマからは解放されたのだ。

 

以後今日に至るまで、MBさんの理論に基づき服装を決めるようになった僕は、女性からダメ出し(いわゆる塩対応、シカト、LINEゲットゼロ、アポが取れない、ノーゴール)が少なくなったように思える。

 

あまり参考にならないかもしれないけど、こんな僕の人生も服装ひとつ変えることで楽しめるようになったんだ。

 

自分の人生がつまらない、自信がない、自称ダサいと思っている男性は、是非一度MBさんのこの【幸服論】をはじめとして、彼の著書を読んで内容を実践してみて欲しい。

 

3、作者の情熱は母親への愛情から来るものだった

 

メルマガ、講演、コラム執筆、バイヤー、作家活動と超多忙を極めるMBさん。その原動力は一体どこからくるのだろうか。

 

本書【幸服論】では、MBさんの原動力は「母親への愛情」であると書いている。

 

幼い頃は裕福だったそうだが、父親の事業失敗により離婚、貧乏生活突入。それでも女手ひとつで兄とMBさんを育ててくれた彼の母親への恩返しがしたいという理由で、こうして日々超多忙な生活を送っているという。

 

MBさん自身も、過去にはパニック障害で外出できなかったり、電車に乗ることさえままならなかった時期を経験したという。

 

それでもここまでの大成功を収められたのは、やはりファッションが好き、ファッションで日本を変えたい、そして育ててくれた母親へ恩返しがしたい、というエネルギーが理由なのだ。詳しくは本書を是非読んで欲しい。

 

翻って僕なんか五体満足、家族も健康、酒もうまけりゃメシもうまい。女の子を見れば本能がうずき出すようなHな男だ。MBさんと比べるのも失礼だけど、もっともっと頑張る、というか人生を楽しんでもいいよな、と今回の【幸服論】を読んで思った。

 

MBさんの母親への愛情エピソードを読んだ時、一層彼のファンになった。それは、MBさんが「感情」をさらけ出してくれたから。

 

成功者として変にクールにならず、とにかく彼の言葉でファッションや人生を変えるコツ、そして家族への愛情を存分にテキストで、MBさんの言葉で示してくれた。

 

やっぱり人間は感情の生き物。素直な感情を出されると心に響く。

 

とてもMBさんは愛情深い人なんだなと感じた。僕もかくありたい。

 

4、まとめ

 

今回驚いたのが、この【幸服論】に関しては、写真が一切ない。全てテキストだ。

 

 MBさんの著書はほぼ購入して読んでいるのだけど、やはりファッション関連の書籍ならば、写真はつきものだろう。だがこの【幸服論】ではスタイリスト例とかアイテムの例とか本当に一切ない。

 

それだけ今回の【幸服論】は、ファッションを通じて人生を変える概念を伝えたい、というコンセプトが強いのだろうと思ったよ。なんて革新的なんだろう。

 

MBさんのおかげで僕のようにファッションを変える事で、人生がもっと面白くなった経験を一人でも多くの人に知ってもらいたい。

 

「外見が変われば人生が変わる」

 

これは間違いないので、是非一度読んでみて下さい。

 

おわり

 

追伸

今回の【幸服論】の内容が、水野敬也氏の「夢をかなえるゾウ」のような方式(会話方式)でとても読みやすかったのを付け足しておく。まだ読んでない人は是非。

 

夢をかなえるゾウ

https://amzn.to/2GUdho9

 

参考文献

 

最速でおしゃれに見せる方法

https://amzn.to/2Hx4hqh

 

ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく スタメン25着で着回す毎日コーディネート塾

https://amzn.to/2EB89TL

 

Men'sファッションバイヤーが教える「普通の服」でおしゃれに見せる方法

https://amzn.to/2GUcJi5

 

※  ※  ※  ※  ※

 

【近日中に独自サイトへ引っ越し予定です。その際は再度アナウンス致します。】

 

※面白い、役に立ったと思ってくれた方はTwitterリツイートやフォローしてくれると嬉しいです。

質問や感想もお待ちしてます。

 

https://twitter.com/make_it_smaaart

 

非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。