男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

牛丼3大チェーン店の各社【とり丼ぶり】を勝手に比較してみた

f:id:man-labo:20180430155304j:plain

昨今、100歳まで生き延びる人がどんどん増えてくるという話をあちこちで聞くようになった。

 

それと同時に、いかに健康的な人生をおくるべきかどうかという話題もひと昔に比べてずっと増えたような気がする。

 

御多分に漏れず、僕自身もなるべく健康的に生きて、EDとかそういった男性機能障害に悩むことなく人生を全うしたいと考えている部類の人間だ。

 

日々健康的に過ごそうとすると、日々食事から摂取するする栄養素の話に自然となってくる。

 

 

とか考えていたら、ここ最近で牛丼2大チェーン店(吉野家松屋)がこぞって「とり丼ぶり」シリーズをリリースしている情報をキャッチした。

 

【鶏】といえば、良質なたんぱく質。脂質も少なく消化にもいい。健康的な人生を送りたいと願う人にとっては貴重なたんぱく源だ。しかも牛丼チェーン店ということは、お財布にも優しい価格設定になっているはず。

 

というわけで、今回は3大牛丼チェーンで食べることができる各社とり丼ぶりをカズヤ流に勝手にランキング評価させてもらった。

 

筋トレする人や、とり肉好きな人、ランチのメニューレパートリーに困っている人などの参考になれば幸いだ。

 

1、牛丼3大チェーン比較

2、各牛丼チェーン店の代表的なとり丼ぶり

3、勝手にランキング

4、まとめ

 

1、牛丼3大チェーン店比較

 

まずは、日本で有名な牛丼チェーン店BIG3のおさらい。

 

① 吉 野 家

f:id:man-labo:20180430152347p:plain

吉野家公式ウェブサイト

 

言わずとしれた老舗牛丼チェーン店。過去には牛肉BSE問題に巻き込まれて主力商品である牛丼の販売を中止するという危機にも見舞われつつも、見事復活し大衆に今でも「はやい・うまい・やすい」牛丼を提供し続ける牛丼界の大御所。

昔少年ジャンプで連載していた漫画「キン肉マン」の主人公、キン肉スグルが作中で牛丼好きを公言。当時のメイン読者層であった小中高生の間に一気に吉野家の牛丼が浸透し、爆発的な支持を得る事となった逸話がある。

 

② 松 屋

f:id:man-labo:20180430152433j:plain

松屋フーズ|牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの松屋をはじめ、とんかつ業態、鮨業態、ラーメン業態、カフェ業態を運営

 

元は創業者の瓦葺利夫が練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのが始まり。

どうやらこのオーナーが吉野家の味にインスパイアされて牛丼ならぬ「牛めし」の販売を始めたのがきっかけ。

画期的なのが、サイドメニューであるみそ汁が松屋の全商品に無料で付いてくること。(テイクアウトは除く)これはお財布の厚みがさびしい人にはいろんな意味での温かいぬくもりを与えてくれる秀逸なサービスと言えるのではないか。

 

③ す き 家

f:id:man-labo:20180430152529p:plain

すき家 

 

赤い看板が目印。元は「ランチボックス」というお弁当屋さんがルーツらしい。

歴史は吉野家(1899年~)、松屋(1966年~)と比べても割と浅く操業は1981年~。

カウンター席のみならず、テーブル席も用意してある店舗も多いため、家族連れや複数のグループでの来客でも皆が食事を楽しめる仕様となっている。

一時期時間のかかるメニューの提供や人手不足による、いわゆる「ワンオペ」問題で良くも悪くも世間の耳目を集める。中には人手不足により営業時間変更や一時営業停止せざるを得ないところまで状況が悪化したが、その後対策を練ったようで現在は平和に営業中(だと思う)。

 

世間というか、日本での牛丼のイメージといえば、やはり「吉野家の牛丼」だろう。

 

松家やすき家吉野家との差別化を図るべく、メニューが吉野家より豊富。

 

松屋は定食が充実しているし、すき家は商品の量のレパートリーがミニ・並盛・中盛・大盛・特盛・メガ・キングと豊富だ。

 

それぞれ三社三様の特徴があり、どれも甲乙つけがたいといったところか。

 

2、各牛丼チェーン店の代表的なとり丼ぶり

 

では、各牛丼チェーン店が販売しているとり丼ぶりを紹介していこう。

 

① 吉 野 家

【鶏すき丼】

f:id:man-labo:20180430152822j:plain

価格 

並盛 450円 759㎉

大盛 550円 1,040㎉

 

栄養素(並盛の場合)

たんぱく質 30.0 g

脂質    22.7 g

炭水化物  106.4 g

ナトリウム 1,700 mg

食塩相当量 4.3 g

 

 

※実食感想

注文すると「少々お時間を頂きます」と一言言われるが、出てくるスピードに関してはストレス無し。とり肉のひとつひとつのサイズが大きいので、必然的に咀嚼回数が増える為、並盛でも十分満腹感を得られる。はじめて食べたとき、つゆだく気味のせいか全体的にしょっぱく感じる。僕へのサービスなのだろうか?

半熟卵、紅ショウガとの相性は抜群。

 

② 松 屋

【ごろごろチキンのてりたま丼】

f:id:man-labo:20180430153049j:plain

価格

並盛 590円 842㎉

大盛 650円(ライスのみ増量) 1,010㎉

 

栄養素(並盛の場合)

たんぱく質 48.9 g

脂質    20.1 g

炭水化物  111.3 g

ナトリウム 1,933 mg

食塩相当量 4.9 g

 

 

※実食感想

吉野家同様、とり肉のひとつひとつのサイズが大きいため、こちらも十分並盛でも満腹感は得られる。味噌汁が無料でついてくるのでその分お得な気分に。

半熟卵、紅ショウガとの相性は抜群。

コメントが吉野家の鶏すき丼とほぼ同じだが、もともと松屋は前述の通り吉野家の味にインスパイアされているため、当然僕のコメントもインスパイアされたためなので仕方がない。

 

③ す き 家

【とりそぼろ丼】

f:id:man-labo:20180430153333j:plain

価格

並盛 350円 579㎉

大盛 380円(ごはんのみ) 648㎉

特盛 570円(とりそぼろ2倍、ごはん1.4倍) 928㎉

 

栄養素(並盛の場合)

たんぱく質 31 g

脂質    11.9 g

炭水化物  86.9 g

ナトリウム 803 mg

食塩相当量 2 g

 

 

※実食感想

吉野家松屋とは違い、すき家のとりそぼろ丼は読んで字のごとくとりそぼろがご飯の上に乗っている商品。

 

大きなサイズのとり肉をたくさん噛んで食べるのではない。故に比較的サラサラと食べる事ができた。栄養成分表にあるように、塩分相当量も少ないため味も薄味だ。

 

消化にもよさそうだし、値段の安さも魅力のひとつだ。

 

実際に行ってみたお店は3人スタッフが勤務していた。ワンオペでスタッフが殺気立っているような気配もなく、一安心。

たまごの黄味、紅ショウガとの相性は抜群。

 

3、勝手にランキング

 

三社三様のとり関連商品が出揃ったところで勝手にランキング付けしてみよう。

 

第 3 位

吉 野 家

味は美味しかったし、満腹感も十分感じられた。

ただ、もしオフィス街や主要駅周辺でのランチタイム時にこの鶏すき丼を注文しようものなら、店員から

 

「ちっ、このクソ忙しい時に時間がかかるもの頼んでんじゃねーよ。牛丼にしろ、牛丼に!」

 

と言われそうと考えたら勝手に陰鬱な気分になったので3位。

 

あと、吉野家電子マネーがWAONしか使えない。このIT化の時代になんで?交通系ICカードで日々決済している身としては、ここは大きく減点ポイント。そもそも、WAONって使っている人見たことないんだけど。

 

第 2 位

松 屋

吉野家同様、味・満腹感ともに申し分なし。

 

松屋は事前に食券を購入するシステムなので、注文違いや「すいませーん」と呼んでいるのに店員さんが気づいてくれない、コミュ障なので大きな声を出したくない、と心配する必要がない。ここは大きなアドバンテージだろう。

 

交通系ICカードでの決済がほとんどの店舗で可能なので、現金がなくてもカードさえあれば食事ができるという点もGood。

 

あと、何度も言うけど、みそ汁がタダなのは嬉しい。みそ汁マニアは垂涎ものだろう。

 

第 1 位

す き 家

まさかのダークホースが今回優勝。

 

  • コスパがいい
  • たんぱく質30g、塩分控えめの味付けがとってもヘルシー
  • 交通系ICカードが利用可能

 

この3点が決め手。また、店舗数も三社のうち一番多い(すき家1,946店、吉野家1,200店、松屋1,111店)。

参考)

各社の店舗展開戦略が見えてくる…牛丼御三家の店舗数推移(最新) - ガベージニュース

 

これは、いつでもどの場所にいてもアクセスしやすいということ。全国展開チェーン店ではとっても大事な事。

(ガンガン店舗数増やすからワンオペ問題が発生するんじゃねーか、という身も蓋もない話はやめよう)

 

 今回の「とり丼ぶりランキング」は、すき家の優勝という結果となった。

 

たんぱく質含有量に関しては、吉野家松屋すき家各社のとり丼ぶりを選んでも申し分ないので、スポーツや筋トレ後の食事にはおすすめだ。

 

あくまで総合的な判断でのランキングであることをご承知していただければと思う。決して交通系ICカードを基準にして判断などしていない。

 

ヘルシーなとり丼ぶりを、

全国どこでも、

交通系ICカードを使って、

 

食べてみたいという人には、私カズヤが自信を持ってぜひすき家を利用することをおすすめする。

 

(ちなみに紅ショウガとの相性に関して、いずれの丼ぶりもなぜこれほどまでにいいのかはいつまでたっても疑問に思う。ただ単に僕が紅ショウガファンだからなのだろうか。)

 

吉野家 冷凍紅生姜5袋セット

https://amzn.to/2HHJaAv

 

 4、まとめ

 

いつもモテやライフハックに関しての記事が多い僕だけど、こうした食事の比較記事も書いてみようと思い書いてみたものの、結局味では比較できていないというところはご愛敬か。

 

今回何度も店舗やネットのメニューを調べていくうちに、各社本当に研究を重ねて手ごろな値段でおいしい食事を提供しているのだなと感激した。

 

牛丼チェーン店の牛丼やとり丼ぶりが美味しく食べられる日常こそ幸せなんだなと、改めて幸せの沸点を下げることができた次第でありました。

 

おわり

 

 ※  ※  ※  ※  ※

 

【近日中に独自サイトへ引っ越し予定です。その際は再度アナウンス致します。】

 

※面白い、役に立ったと思ってくれた方はTwitterリツイートやフォローしてくれると嬉しいです。

質問や感想もお待ちしてます。

 

https://twitter.com/make_it_smaaart

 

非モテで悩むモテたい非モテ男性諸君、最短最速で非モテから抜け出すべく「➕読者になるボタン」をポチっと押して情報を共有しよう。