男を上げる研究所

「男を上げる」というキーワードを研究対象とし、「理想の男」を目指して未来を拓く事を目的とした研究所

ZOZOビジネススーツをスマホで買ってみてその手順を書いてみたりしたけど実際はそんなに騒がれてないですね

みなさん、明けましておめでとうございます。

カズヤです。

 

2019年も何かと無理やりネタにしつつ、モテない男がモテるようになるにはどうしたらいいのかに関する情報を絨毯爆撃のように発信できたらいいなと思います。

 

さて、
前回のこのはてな記事ではZOZOビジネススーツに関して独自ドメインで書いた記事を後追いみたいな感じで書きました。

 

 

man-labo.hatenadiary.com

 

自分のブログを再度徘徊していると、
その時のトレンドがわかるのが面白いのですが、今回もZOZOビジネススーツに関しての情報というか個人的な意見というか、そう言ったものを連チャンで書いていたのを発見したので改めてこちらの載せてみようかと思い、こうして書いています。

 

→【#ZOZOREVOLUTION 【即オーダーしてみた!】ZOZOビジネススーツのスマホでのオーダー手順レポ!

 

→【ZOZOREVOLUTION旋風!ZOZOビジネススーツのおかげでスーツ姿がイケてない原因が解消されスーツ難民が救われる!

 

→【#ZOZOREVOLUTIONで発表したZOZOビジネススーツを実際にオーダーして気が付いた3つのリクエストを私見たっぷりに書いてみた

 

→【ZOZO2Bビジネススーツの色や質を考えたら就活でも使えるとわかった!その根拠は?

 

ZOZO2Bビジネススーツがスマホで買える!と発表された時はいささか興奮しました。

 

なんせ、
ビジネススーツって買うのが面倒なんですよ。

 

・ブランド

・価格

・色

・サイズ

・デザイン

・細部

・Yシャツ(襟の形や色など)

・ネクタイ

・ベルト

・靴

・靴下

・時計

・ハンカチ

 

私もそれなりにビジネススーツに関しては一家言ありまして、そこそこ私財をぶっこんでビジネススーツ研究をしていたクチです。

 

スーツを買い始めた当初は、
それはもういろんな失敗をしました。お直ししたものを家で着てみて「全然イメージと違うじゃねーか」と、ノリで行った風俗店の写真で選んだ女の子といざ対面した時のような感情に晒されることも多々ありました。

 

そんな死屍累々とも言えるべき失敗とサンクコストを投じて、やっとこさ自分なりのビジネススーツの買い方、サイズの合わせ方、そして何よりも女ウケするビジネススーツ姿に到達したのです。

 

「君の失敗はどうでもいいのよ。ZOZOビジネススーツの話はどうした?」

 

と言われそうですが、実は関係が大ありです。

 

ZOZOはZOZOスーツで採取したサイズを元にビジネススーツをスマホと親指だけでオーダーできる仕組みを作りました。

 

今までの私が投じてきた時間、金額、労力を全てITの力で凌駕したのです。

 

ZOZOはアパレルブランドとして考えていいでしょう。

 

おそらく多少の失敗はあるものの、
今後ビジネススーツ業界に革命を起こすことは時間の問題かと思います。

 

そんな革命前夜に今の私たちはいると思うと、いてもたってもいられなくなって過去に連チャンでZOZOビジネススーツに関する記事を更新した、という背景があったのです。

 

この記事を買いているのが2019年1月。

 

こうしてZOZOビジネススーツに対する熱い想いで記事を買いたのですが、実は実際に購入したZOZOビジネススーツはすでに自宅の方に届いています。

 

もちろん、実際に袖を通してみました。

 

感想は、・・・普通です。

 

「んー、やっぱりビジネススーツに関しては実際にスタッフに採寸してもらわないとだめかな」

 

というのが正直な感想ですね。

 

パンツ(スラックス)に関しては、まあまあの合格点でした。

 

特に可もなく不可もなく、オーダーした通りのパンツが自宅に届いたという感想。

 

つまり、それってZOZOの思惑通りって解釈もできますがね。

 

問題はやはりジャケット。

 

なんとなくの野暮ったさは否めませんでした。

 

もともとシャープなイメージのビジネススーツが好きな私。

 

ナローラペル、着丈は若干短め、ストレッチ素材が入っている方が好き、などと言った好みがあるので、ZOZOビジネススーツのジャケットに満足できないのは想定内ですが。

 

過去に独自ドメインのブログで「ZOZOビジネススーツは就職活動にも使える?!」みたいな主張をしたのですが、半分は正解で半分は要修正というのが正直なところです。

 

コストや手間(採寸など)を考えれば、
ZOZOビジネススーツをオーダーしてそのまま就職活動に利用するのは全然OKだと思います。

 

しかし、
それでは量産型ザクのようなその他大勢の就活生となんら変わらない人間の一丁上がりなんですよね。

 

ふろむだ先生の【人生は運でも実力でもなく勘違いさせる力で決まっている】で語られていますが、人間は身なりがきちんとしている、かっこよく見える、ジャストサイズで洋服を着ている人間を過大評価する傾向にあります。

 

関連記事:
→【錯覚資産を使いこなし成功せよ!【人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている】書評

 

作内ではこれを錯覚資産と呼んでいます。

 

就職活動マーケットのように、
自分を1ミリでもよく見せた方が有利、という状況では適当に選んだビジネススーツ(就活スーツ)は明らかに内定獲得には不利です。

 

どのTV局のアナウンサーも美男美女なのを見れば、就活における錯覚資産がよくわかるでしょう。

 

そうした細かいところまで気を配れる人間こそが、
就活マーケットや恋愛市場で結果を残し、非モテを置き去りにしてモテモテの人生を歩んでいくのです。

 

ということで、
ZOZOのビジネススーツは現時点ではまだまだ改良が必要という評価を出さざるを得ません。

 

ZOZOスーツで自分のサイズを採寸済みの人にとって、
実際にスマホでどのようにオーダーするかを示せた点では私の記事もまあまあ人や社会のためになったのかなと思います。

 

→【#ZOZOREVOLUTION 【即オーダーしてみた!】ZOZOビジネススーツのスマホでのオーダー手順レポ!

 

しかし、
スーツ難民を救うであったり、就職活動でも十分ZOZIOビジネススーツで戦えると言った意見に関してはもう少し情報収集が必要なのではないかと思いますね。

 

今日この時点でも、
何かとネットやTVで話題になっている前澤社長。

 

きっと、

今後もZOZOビジネススーツのオーダー、販売部門に限らずZOZO全体の改善点を全力で修正して、きっと世の中のスーツ難民を救うメシア(救世主)となってくれるでしょう。

 

その日が訪れるまでは、
引き続きZOZOの情報に関しては敏感になっておきたいですね。

 

これからもモテに関する情報をはじめ色々な情報を発信していきたいと思っています。

 

どうぞ末長くおつきあいくださいませ。

 

カズヤ

 

モテたい男のためのモテ研究所

 

オススメ記事はこちら

 

→【「モテるためにはどうしたらいい?」という疑問に対する記事を紹介!モテるには正しい方法で努力した男がモテる!

 

→【筋肉があるだけの男はモテない!女性が見るのは「気になる男に筋肉があるか?」である!

 

→【【モテる方法】「ちょうどいいブスのススメ」ブームを利用しモテスパイラルを形成すればモテるぞ!

 

→【男がモテるために知っておくべき【女からの脈ありサインTOP5】!脈ありサインを読み取れない男はポンコツである

 

→【男がモテるためには自分が商品であり女性に選ばれることを意識すべし

 

→【モテに遺伝子は関係ない!結局モテるかどうかは遺伝子ではなく努力次第である!